古いアパート

アパートは築50年の木造アパート

私が以前住んでいたアパートは築50年の木造アパートでした。

古いアパート

もう重要文化遺産のようなたたずまいで、よくこれまで存在していたと思わされるほどの造りで、
その地区でもちょっとした有名なアパートでした。

 

でもなぜか人気が高く、このアパートをなくしてほしくないという人がたくさんいました。
だから自分が住んでいても少し誇らしいようなところがありました。

 

風呂はなく、トイレは共同。
トイレで住人と会うなんて毎日のようにありました。

 

冬はても寒く、暖房をつけると共同のアンペアがいっぱいになってしまい停電になってしまうので、
暖をとるのは灯油のストーブと決まっていました。
暮らすには何かと困難なところもありましたが、昭和を感じる素晴らしい住まいだったと思います。

 

私は結婚し、その住まいから一転して新築マンションに住むことになりました。
すべてがピカピカで家の中は常に暖かく、明るい、ボタン一つでカーテンも閉まる。

 

こんな夢のような生活を手に入れても、あのアパート住まいが
綺麗な思い出のまま私の中に残っています。

 

 

良い不動産を見つけるためには

私は引越しをする際、良い不動産を見つけるために苦戦したことがあります。
不動産を見つけるためには、不動産屋さんを複数訪れてなるべく多くの物件を見つけるようにしたり、自分が住まいや土地に対して求める条件を整理しておくことが大切です。

古いアパート

最近は実際に不動産屋へ足を運んで相談をしなくても、インターネットで簡単に多くのエリアの物件情報を調べることが出来る時代でもあるので、インターネットでエリアごとの家賃相場や物件の価格帯の違いなどを比較するのもおすすめです。
また、生活を快適にするためには自分が住みたい土地や、家の間取りや広さなどこだわりたい条件をある程度決めることも大事です。

 

私はマンションに住んでいますが、ある程度広さがあって日照りが良い物件が良かったので、3LDKで南向きの物件に住むことにしました。
また、お風呂や台所や内装の雰囲気など現状が自分の希望と合致しなくても、少し資金を用意してリフォームをすれば自分好みで満足できる物件になることも多いものです。

 

こんなマンションは査定が高くなる

 

どんなマンションなら査定額が高くなるのかを知っておくことは、物件を購入する時に「できるだけ高く売れそうなマンション」を見分けることができるため、賢い不動産購入ができます。
長期的に不動産を売却する時にも、高く売れそうな要素がたくさんある物件なら、査定額が驚くほどに低かった、なんて悲劇も避けることができるかもしれませんね。

 

高く売れるマンションは、一般的に多くの人が住みたいと思っているエリアが多いようです。
都心に交通の便が良いエリア、しかも駅近なロケーションだったりすれば、少し多く払ってもそこに住みたいという人は多いはず。

 

特に、都心へ電車1本で通えるような利便性が良い場所なら、築年数が古くなっても建物の価値が下がりにくいという特徴もあります。
家族世帯が生活するなら、駅の目の前というよりは、駅から少し離れていても近くに学校や公園などがあり、市街地やショッピングセンターにも足を運びやすいロケーションが人気となります。

 

高級住宅街のブランドを持っているエリアの物件がどういうわけか高額すぎるのには、そうしたブランド力があるからです。
築年数が古くなって査定額があまり期待できないような物件でも、ロケーションがよければリフォームをして物件の価値をアップさせるという方法もアリです。

 

時代のニーズに合わせて内装をリフォームしたり、最新設備やお洒落な内装へと変身させたりすれば、リフォームにかけた費用よりも査定額のアップも期待できるかもしれませんよ。
将来行われるかもしれない都市開発は、マンション査定にも大きな影響があります。

 

都市開発と言っても、それが20年後、30年後、もしかしたら40年後に計画されているのかもしれません。
しかし、そうした計画があるなら、そこにマンションを持っていることで物件の価値は確実に高くなりますから、長期的には利益を生み出してくれる不動産になるかもしれません。

 

原一探偵事務所とは
日本1の探偵社員数の探偵事務所。
全国で展開をしている探偵事務所は原一です。
すべては自社の調査員で調査しています。

出展:浮気相談と不倫相談ならこちらです。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ