分譲マンションを購入した理由

分譲マンションを購入した理由

分譲マンションを購入した理由

 

50歳を過ぎ、子供がいない夫婦2人のため、将来を考え、持ち家を処分し、地下鉄沿線のマンションへ転居することに決め、賃貸か分譲かで迷った末、平成25年10月に90u、4LDKの新築マンションを購入しました。
その際、自分なりに賃貸と分譲のコストを比較しました。

 

マンション購入費用は、本体が約5,300万円、登記費用等の諸費用が約100万円、さらにランニングコストとして、共益費が月25,000円、修繕積立金が10年目で約60万円発生します。
購入後10年目までに要するランニングコストは、約360万円かかり、これに購入費用をプラスしますと約5,760万円となります。

 

次に、購入したマンションを10年目に売却した場合、立地条件等から、購入価格の70%での購入が見込めるとし、約3,700万円の資産価値があることになります。
5,760万円と3,700万円との差額2,060万円が10年目までのマンション維持費用になります。

 

次に、近隣の賃貸マンションの平均賃料は、170,000円程で、仮に賃貸マンションに10年住み続けたとすると、2,040万円となります。
つまり、10年目で分譲と賃貸の維持費用がトントンとなります。

 

そして、10年後年金がもらえる年齢になった時点でマンションを売却し、夫婦で介護付き有料老人ホームに入居する予定を立て、分譲マンションを購入しました。


ホーム RSS購読 サイトマップ